セロトニンを増やすための睡眠

セロトニンを増やすための睡眠方法

 

熟睡できていますか?
睡眠の質が悪いとセロトニンが減少し、翌朝に起きると何となく疲労感があったりイライラしたりすることもあります。

 

睡眠障害にはうつ症状と関連があるのをご存知ですか?
うつ病の主な症状には、倦怠感や疲労感、ヤル気がでない、頭痛などいろいろありますが、全て共通する症状として睡眠障害が挙げられています。

 

ここでは。セロトニンと睡眠の関係について説明しています。

 

 

なぜ睡眠が大切?

うつ改善のために光療法を取り入れている病院がありますが、この光療法でセロトニンの分泌量を増やし睡眠のリズムを整えることもあるそうです。

 

睡眠リズムを確保するには、早寝早起きの規則的な生活にすることです。
セロトニンは太陽の光がある時に分泌されやすくなりますが、睡眠中は日が沈んでからはセロトニンが不足してきます。

 

周知の通り、セロトニンは蓄積することはできません。
普段、デスクワーク中心の人はセロトニンの分泌量が減少していきます。
ましてや仕事や人間関係などのストレスが加わると大幅に減少することもあるでしょう。

 

こんな時は、早めの睡眠を取ってストレスによる疲労感を取り除くことが大切です。
でないと、起床時に気持ちが晴れません。

 

 

セロトニンとメラトニンの関係

セロトニンは脳の覚醒を促す神経伝達物質ですので、太陽の日の出とともにセロトニンが活性化します。
一方、メラトニンは睡眠に必要な神経伝達物質で、夜になるとメラトニンが分泌され眠くなってきます。

 

熟睡、快眠を得るにはメラトニンを十分に作り出すことです。

 

実は、セロトニンが分解されてメラトニンになるのです。このメラトニンは生体時計をリセットし、良質な睡眠を促すものなんですね。
つまり、セロトニンとメラトニンの分泌は体内時計でコントロールされているわけです。

 

セロトニン不足が原因で体内時計が乱れてよく眠れず、一日中寝不足のような状態になってしまいます。

 

ですので、メラトニンを十分な量作るには夕方までに太陽の光などでセロトニンを十分作っておくことが重要なのです。

 

最近、密かに話題を読んでいる目覚まし時計があります。ただの目覚まし時計ではなく、光で目を覚ますというユニークな時計ですが、光の力でセロトニンを増やすのにピッタリな時計なのです!

 

詳しくは→「革新的!光目覚まし時計でセロトニンを増やす!をご覧ください。

トップへ戻る