PMS(月経前症候群)とセロトニンの関係について

PMS,セロトニン,月経前症候群,関係

 

脳内で働く神経伝達物質の一つに、セロトニンが挙げられます。セロトニンは俗に幸せホルモンと呼ばれることもあり、やる気や明るい気持ちを出させてくれるホルモンです。

 

また、ドーパミンやノルアドレナリンといった感情を司る神経ホルモンの働きを抑制する役割を持っています。
だから、気持ちがいつまでもリラックスできるんですね。

 

もし、不安やイライラといった状態が続いたり、あるいは常に興奮状態で気持ちをコントロール出来ない人はセロトニンが不足しているかも?

 

女性に多く見られるPMS(月経前症候群)はセロトニン不足に大いに関係しているのでしょうか?
ここでは、PMSとセロトニンの関係についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

PMSとセロトニンの関係について

そんなセロトニンが脳内に充足している時は前向きな気分でやる気も出てくるのですが、ひとたび欠乏してしまうと、ネガティブな思考となり落ち込みやすくなってきます。
長い間ストレスにさらされ続けたり、心身疲労が重なってくると、セロトニンが不足し、不眠や食欲不振、意欲低下、憂鬱な気分が続くといった症状を呈するのです。

 

ちょうど、PMSの時期の精神的症状に似ていないでしょうか?
実は、PMSもセロトニンに関係があるのではないかと言われています。

 

セロトニンは自律神経が支配している交感神経と副交感神経のうち、交感神経を活発化させるホルモンです。

 

しかし、実は、夜になるとセロトニンはメラトニンという副交感神経を活発化させるホルモンに変わり、眠気を誘うようになります。

 

PMS,セロトニン,月経前症候群,関係

 

つまり、セロトニンは睡眠ホルモンであるメラトニンの生成に関わるのですが、もしセロトニンの不足だとメラトニンも不足に直結し不眠を起こしてしまいます

 

いずれにしても、セロトニンが足りていれば心地良い睡眠をとることができ、昼間は明るく楽しい毎日を過ごすことができるわけです。

 

ところが、セロトニンが不足すると自律神経に影響が生じて、それにより他のホルモンの働きにも支障が生じることがあります。
他のホルモンの一つが、女性ホルモンです。

 

これが、PMSがセロトニンとも関係すると言われる理由です。

 

女性ホルモンが自律神経と影響を与えやすいのは、いずれも支配しているのが脳内の視床下部だからです。
セロトニンには精神を安定させる効果もあるため、不足しないように常に補い、PMSがセロトニン不足で悪化するようなことを防ぎましょう。

スポンサーリンク


トップへ戻る