うつの人はコーヒー摂取NG?

MENU

うつの人はコーヒー摂取NG?セロトニンを増やす!

セロトニン,増やす,方法,コーヒー

うつの人って、コーヒーを飲んでも大丈夫なんでしょうか?知っているようで知らない人が多いと思います。
セロトニンはノルアドレナリンとドーパミンと並んで、三大神経伝達物質と呼ばれているわけですが、セロトニンには、ノルアドレナリンやドーパミンを調整する機能があり、不足すると心のバランスが乱れてうつ病を引き起こす危険性があります。

 

そのセロトニンですが、増やすきっかけとなるカギとなるものが存在するのでしょうか?
やってはいけないタブーと併せてご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

セロトニンはどうやったら増やせる?

セロトニンを増やす方法には、深呼吸や起床後すぐに太陽の光を浴びるなどの方法でセロトニンを増やすことが出来ます。
また、カツオやマグロなどの赤身肉や豆腐や豆乳、納豆などもセロトニンを増やす効果があります。

 

 

セロトニンを増やしたい時にやってはいけないこと

上記の方法でセロトニンを増やそうと思っている時に、コーヒーを飲むことはあまりオススメしません。

 

コーヒーにはカフェインが含まれます。
このカフェインには、実はアドレナリンを多く分泌させる効果があります。

 

したがってアドレナリンが多くなりすぎると、興奮や不安感も強くなることがあるんですね。

 

普段は、セロトニンがアドレナリンを抑制していますが、うつの人がコーヒーによるカフェインを過剰に摂取するのは、アドレナリンをより分泌し、興奮やイラツキなど精神的に不安定になる可能性があります。

 

 

うつの人は、セロトニン不足状態にあると、ストレスなどで発生したアドレナリンを抑えるためのシステム機能が低下しているんですね。
だからコーヒーをたくさん飲み過ぎると、アドレナリンを逆に放出することになってしまうのです。

 

そもそもカフェインの作用は、アドレナリンをアップすることですが、集中力を一時的に高めて能率を向上したいのであれば、カフェインを適量に摂取すればいいのです。

 

ただし、過剰摂取となると、うつの人以外の健康な人でも症状が現れることもあります。

 

ですので、うつの人は、可能な限りカフェインを控えめにした方がいいのです。

 

 

どうしてもコーヒーが飲みたい!

なかでもコーヒー党の方がいることでしょう。
どうしてもコーヒーが飲みたいときは、ノンカフェインなどをコーヒーに替えて飲むように工夫してください。

 

人によっては、1日にコーヒーを飲む量を減らす人もいます。
いきなりカフェイン入のコーヒーを断ち切るのではなく、徐々にコーヒーを飲む回数を減らせばいいと思います。

 

ここでは、コーヒーを例に挙げましたが、その他にもカフェインが含まれている飲料を紹介します。

 

代表的なのは、やはりお茶ですね。
お茶と聞くと、紅茶や緑茶がそうでしょう。

 

そして、栄養ドリンクには、驚くことにコーヒーの3倍以上もカフェインが含まれていますので、取り過ぎには注意しましょうね。

スポンサーリンク

うつの人はコーヒー摂取NG?関連ページ

うつとセロトニンの関係
5つの方法でセロトニンを効率良く増やして、365日間ずっとストレスに強いカラダとココロを整えましょう。
五月病が原因かも?
五月病かも?と思ったら、セロトニンを増やすよう努める必要があるでしょう。この時期は何かと気が張るのですが、その緊張も徐々に緩和され、なんとなくやる気が起きなくなりますよね。それはセロトニン不足から来ているかもしれません。
TMSでうつ病改善!?
セロトニンを増やすための5つの方法で効率良く増やしましょう。幸せになれるセロトニンの力で365日間ずっとストレスに強いカラダとココロを整えてみませんか?