呼吸でセロトニンを増やす方法

MENU

呼吸でセロトニンを増やす

セロトニン,増やす,方法,呼吸

呼吸でセロトニンを増やせることをご存知ですか?

 

呼吸は精神状態と大きなつながりがあり、例えば香りの良いアロマオイルなどで心身ともにリラックスすると呼吸がゆっくりで落ち着いた感じになると思います。

 

仕事や学校などで緊張する場面に遭遇すると、呼吸の回数が徐々に減り、いわゆる息をつめた状態になってしまいますよね?
時間に追われながら食事を早く摂ったり仕事も分刻みで働くような人だと、セロトニンの分泌が自然と減ってしまいます。

 

ここでは、呼吸でセロトニンを増やす方法について説明しています。

 

スポンサーリンク

 

呼吸が悪いとセロトニン不足に?

次のような項目に当てはまる人、いませんか?

朝起きたら、寝起きが悪い。
何となく意欲が出ない。
やる気が起きない。
些細なことでもイライラする。

 

少しでも当てはまるようであれば、セロトニンが不足しているかもしれません。

 

セロトニンを増やすためには、いつでも手軽に行える呼吸法が効果的です。ただし呼吸法を行う場合、無意識ではなくなるべく意識して行うことがポイントです。

 

普段、無意識に行なっている呼吸ではセロトニンは増えません。

 

 

座位でセロトニンを増やす腹式呼吸法

ここでは、呼吸法で増やす方法を紹介します。

  1. なるべく静かに、少しずつ口から吐き切る。
  2. 吸う時は、お腹に手を当ててお腹全体が膨らむのを意識しながら息を吸う。
  3. 吸う、吐くを5〜10回繰り返します。

 

腹式呼吸を行うと、なんと横隔膜を7〜10cmも大きく上下するのです!この酸素を多く取りこむ腹式呼吸は脳に酸素が行き渡るので、ストレスを緩和するセロトニンを増やすことができるわけです。

 

セロトニンを増やすだけでなく、胃や腸の働きが活発になってきます。
さらに、肺の空気の出入りが多くなるので代謝が上がり体脂肪を燃焼してくれるだけでなく肺の老化も最小限に食い止めてくれます。

 

したがって、横隔膜を使う腹式呼吸を意識して身につけるようにしましょう。

 

慣れてきましたら、今度は次の方法を追加して行なってみてください。

  1. 同時にお尻をキュッと締める。
  2. 息を吐き切る時に、”フンッ”と勢いよく吐き出す。

 

お腹とお尻がギュッと引き絞られるように吐き出し、その後に肛門と腹筋の力を抜いて自然に息を吸い始めます。

 

就寝前もこの呼吸法で酸素を多く脳へ送り込むことで、脳細胞が活性化されます。

 

 

応用編 セロトニンを増やす丹田呼吸法

腹式呼吸法のコツをつかんできたら、次は応用編の呼吸法も試してみましょう。
腹式呼吸よりもセロトニン活性化に効果的な丹田呼吸法ですので、一度やってみてください。

 

ここでは、ウォーキングを例にします。

  1. 2〜3回息を吐く。
  2. 1回息を吸う。

もしくは、

  1. 2回息を吐く。
  2. 2回息を吸う。

 

この呼吸法のポイントは、「リズム感」と「意識」です。

 

ウォーキングしながらリズム良く呼吸を行なうと、セロトニンが活性化しますのでストレスに負けない体質を作ってくれます。
慣れてくると、この呼吸法で集中力が高まるだけでなく疲労感や息切れも減ってきます。

 

まずは初心者でも行えるウォーキングから始めてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク