セロトニンを増やすに手軽にできる体操法とは?

MENU

セロトニンを増やすに手軽にできる体操法とは?

情報化社会の進展により、我々はいつでも情報に触れることができるようになりました。
最近ではスマートフォンも普及しており、その手軽さから、夜寝る前にベッドのなかでスマートフォンを操作する人もたくさんいらっしゃいます。

 

ですが、寝る前にスマートフォンを操作することはあまりよくありません。
それはセロトニンの分泌を抑制してしまうからです。

 

このように現代人に不足しているセロトニンですが、それを増やす方法は色々あります。

 

早寝早起き、太陽の光を浴びるなどの生活習慣から、マグロ・カツオを摂るなどの食習慣、もう一つに運動することでセロトニンを分泌させることができます。

 

実は、セロトニンはフラダンスやラジオ体操で分泌を促すことができます。

 

ここでは、なぜそのような体操でセロトニンが分泌するのか、そのメカニズムについてご紹介します。

 

 

フラダンスやラジオ体操が効果的な理由

そもそもセロトニンの分泌を促すためには、リズムを刻むことによってより分泌が促されるそうです。

 

 

では、そういった動きがいいのかというと、音楽に合わせてリズミカルに動くフラダンスやラジオ体操が効果的なのです。
これらはそれほど難しくありません、激しい運動にもなりません。

 

 

年を召された方でも気軽に導入できる体操です。

 

 

このようにリズミカルに動くことで、セロトニンの分泌を促すことができますから。
誰でも取り組みやすい体操なので、是非生活の一部に取り入れてみてくださいね。

スポンサーリンク