セロトニンと過敏性腸症候群との意外な関係

MENU

セロトニンと過敏性腸症候群との意外な関係

過敏性腸症候群という病気のことを耳にしたことはありませんか?過敏性腸症候群とは、大腸の機能異常により起こる病気の総称です。
症状としては、便秘や下痢、ガス過多などにより、下腹部の張りなどの症状が起きます。
そんな症状を持っていませんか?

 

スポンサーリンク

 

セロトニンとどう関係あるの?と思っていることでしょう。
実は、この過敏性腸症候群ですが、神経伝達物質の一つであるセロトニンと深く関わっていることが分かっています。

 

ここでは、その過敏性腸症候群とセロトニンの関係についてご説明します。

 

腸は第二の脳?

セロトニンとは、周知の通り、神経伝達物質の一つで、心のバランスを整える作用がある伝達物質のことです。
ノルアドレナリンやドーパミンと並んで、三大神経伝達物質とも呼ばれていますが、いずれも心に作用する物質ですね。

 

心を落ち着かせる作用のあるセロトニンが何らかの形で不足すると、精神のバランスが崩れて攻撃的になったり、やる気になれないといった心の病気を引き起こします。

 

このセロトニンは過敏性腸症候群と深い関係があると言われています。
一見、過敏性腸症候群とセロトニンには関係がなさそうですが、実は腸は第二の脳と言われるほど、ストレスなど心的変化に影響を受けます。
そして、セロトニンは脳にはわずか1?2%程度しかなく、残りの約90%は脳に存在していると言われています。

 

脳がストレスを受けると、腸の粘膜からセロトニンが分泌され、それが腸内にあるセロトニン受容体と呼ばれる物質と結合します。
この結合が起こると、腸のぜん動運動が異常をきたしてしまい、結果的に下痢や便秘などを引き起こしてしまいます。

 

このように、過敏性腸症候群とセロトニンには深い関わりがあります。

 

過敏性腸症候群は、心の病気ですから身体的な異常は見られないのです。
セロトニン不足によって引き起こされる心理的な不安やストレスが原因で、消化器の機能が過敏になりやすいと言われてます。

 

腹痛や下痢、頻繁なおならが多いのであれば、一度胃腸科や心療内科で診察を受けることをオススメします。

スポンサーリンク