セロトニン症候群とは?

MENU

セロトニン症候群とは?

セロトニンとは、神経伝達に関連していて脳内にある物質です。
セロトニンは、通常バランスが良い状態であれば良いのですが、不足するとうつ病になりやすく、反対に多くなると頭痛、めまい、嘔吐などの症状を起こしてしまうのです。

 

多すぎても少なすぎても良いことはありません。
そして多い状態で濃度が高い場合を、セロトニン症候群といいます。

 

セロトニン症候群になると、自律神経系、体神経系、脳認識機能へ影響してきます。

 

まず、自律神経系ですが、体温上昇、高血圧、吐き気などの症状ができます。
体神経系は、硬直、からだのふるえなどの症状が出ます。
そして脳認識機能は、錯乱、混乱、頭痛などの症状が出ます。

 

どういった人がなりやすいかというと、薬物治療を行っている人に起きやすいです。

 

特にセロトニンが不足している、うつ病の人は、セロトニンを増やそうとしています。

 

薬物治療によってセロトニンのバランスが取れている場合は、良いのですが、多くなりすぎるとセロトニン症候群になってしまうのです。

 

うつ病の人は、薬の処方を間違える可能性があるため、薬をたくさん飲んでしまったりします。
普通の人であれば、そんな事はありませんが、高齢者などは、薬の量を間違えて飲んだりすることがあるので特に注意が必要なのです。

 

それではセロトニン症候群を判断する方法ですが、検査方法がないのが現状です。
高齢者の場合は、年齢による場合もあるので特に判断することが難しいです。

 

うつ病の人は、一緒に住んでいる人が気を配って薬の量などを確認することが一番良い方法です。
患者さんだけですべて行うことは避けた方が良いでしょう。

スポンサーリンク