セロトニンを増やす5つの方法

MENU

セロトニンを増やす5つの方法

セロトニン,増やす,方法

現代人は、私たち日本人にセロトニンが不足していると指摘されています。
日本はストレスの多い社会です。あの2011年3月11日に起きた東日本大震災以降、ストレスや悲しみ、不安などを少なからず感じている人たちが多かったのではないでしょうか?

 

最近では、セロトニンに関する書籍や健康を扱ったテレビでもよく取り上げられるようになりました。

朝起きると、気持ちが晴れない…。
些細なことでイライラする…。
ブルーな気持ちが強い。
あまり眠れない…。

 

こんな人は、セロトニンが不足しているかもしれません。
脳内のセロトニン不足によるストレスが溜まると、心身ともに大きなダメージを与えてしまうことがあります。

 

セロトニンは脳内の神経伝達物質の一つで、他の神経伝達物質であるドーパミン(喜び、快楽)やノルアドレナリン(恐れ、驚き)などの感情をコントロールし、精神を安定させる作用があります。

 

つまり、セロトニンはストレスに強い脳になったり、カラダとココロに癒しを与えてくれる大切な物質なんですね。

 

スポンサーリンク

 

5つの方法で増やそう

ここでは、セロトニンを増やすための方法を集めてみました。
以下の5つの方法がありますが、まずは手軽に始められるところから行なってみるといいでしょう。

 

リズム運動

  ※詳しくは→リズム運動でセロトニンを増やす方法の記事へ

 

太陽の光を浴びる。

  ※詳しくは→太陽の光でセロトニンを増やす方法

 

呼吸法

  ※詳しくは→呼吸でセロトニンを増やす方法

 

ウォーキング

  ※詳しくは→ウォーキングでセロトニンを増やす方法

 

スキンシップ

  ※詳しくは→スキンシップでセロトニンを増やす方法

 

 

特に朝の太陽の光を浴びながウォーキング(リズム運動)を行なうことが、セロトニン活性には不可欠だと言われています。
他にガムを噛んだり、流行りのカーヴィーダンスなどのリズム運動が伴うモノが何でも良いそうです。

 

セロトニンを増やすためにも、明日からはセロトニン注入を始めてみませんか?

 

ストレスの多い現代社会の生活の中で、セロトニンを活性化してストレスに強い脳になるかがキーとなりますから。

スポンサーリンク