セロトニンの5つの働き

MENU

セロトニンの5つの働き

セロトニン研究の第一人者である有田教授は、「150億もあると言われている脳の神経細胞の中で、セロトニン神経はわずか数万個しかありません。にもかかわらず、脳全体に情報を発信しているという点で非常に珍しい神経なのです」と話されています。

 

セロトニン神経自体の数は少ないけど、思いのほか凄いパワーが秘められているのです!
これを増やすことで、どんなメリットや働きがあるのでしょうか?

 

ここでは、セロトニンの主な5つの働きについて説明しています。

 

スポンサーリンク

 

セロトニンの5つの働きとは?

セロトニンの働きには、有田教授によると5つの働きがあります。

  1. 睡眠から覚醒へのシフトを行なう。
  2. 心の不安や緊張を取る。
  3. 自律神経を適度なレベルに保つ。
  4. 痛みの抑制。
  5. 正しい姿勢を保つ。

 

5つの働きをそれぞれ簡潔にまとめてみました。

睡眠から覚醒へのシフトを行なう。

セロトニンは脳を覚醒する働きがありますが、働きが不十分だと、目が覚めても頭がすっきりしない状態になります。
朝起きて、頭がスッキリしないのはこのためなんですね。

 

心の不安や緊張を取る。

セロトニンは癒やしやリラックスの働きがあり、それによって緊張や不安を払拭します。
感情をコントロールするセロトニンが活性化されれば、物事をずっと引きずるようなネガティブな状態が減少し、気持ち的にスッキリします。

 

自律神経を適度なレベルに保つ。

覚醒時に交感神経が、睡眠時に副交感神経が優位になりますが、例えば、交感神経が興奮したりすると交感神経がより緊張してしまいます。
セロトニンはそのような興奮を適度に調整していくのです。

 

痛みの抑制

ある実験では血中のセロトニン濃度が高いと痛みに対する刺激が弱くなることが分かっています。
つまり、セロトニンが不足していると、カラダに傷などのケガがないのに身体的な痛みに対して敏感になるということですね。「

 

セロトニンは脳内の鎮静剤とも言われていますから、セロトニンを活性化させれば痛みを緩和してくれます。

 

正しい姿勢を保つ。

朝起きて、首や背骨などの抗重力筋を支える運動神経の細胞にセロトニンが流れると、全身の抗重力筋が活性化し、自然と姿勢がよくなります。
もちろん瞼もパッチリで引き締まった顔の表情になります。

 

セロトニンが不足すると、カラダを動かすのが億劫になったり、無為に過ごしてしまいがちになります。
顔の表情に活気がないのは、もしかしたらセロトニンが不足しているかもしれません。

 

 

以上、セロトニンの働きには5つありますが、慢性的なストレスが続いている時に、これらを判断基準にしてセロトニンが不足しているか否かを判断するといいでしょう。

スポンサーリンク